FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月1日

今日、抜糸した。
院長先生の診察を受けたが、
順調に回復している。

今はふやかしたふーどを1日3回にわけて食べさせている。
昼ごはんは仕事で与えることができないので、
母に頼んで来てもらっていた。
これからは術前の1日2回でかまわない。
生肉なども食べさせてもより。
フードもドライフードそのままでかまわない。
(数日かけ移行する予定)

と 術前の生活を普通にしてよいことを告げられた。

やったね ワイズ!

あらためて、ワイズの切除した腸について
腸の写真を見ながら説明を受けた。
素人でも広範囲に壊死している腸がみてとれる写真だった。
ここに写真をUPしたいが、
私のように内臓写真が平気な人ばかりではないだろうから 自粛する。


いままでは、きーちゃんと自由には一緒には過ごさせていなかった。
きーちゃんも喜ぶだろう。

ワイズが入院していないとき、
きーちゃんは3日ほどは大変さみしそうだった。
その後、なれたかにみえたが、
私が部屋を出て、数分すると ピーピー泣いた。

ワイズが退院してからこの10日、
私が部屋にいなくても 一度も泣いていない。
ワイズが部屋にいるだけで 寂しくないようだ。


この約3週間、いろいろなことを考えた。
つぶれてしまいそうなほど 凹んだ時期もあった。
ブログに綴ろうなんて気持ちの余裕はなかった。

身近なともだちには 現状を知らせていたが
みんなに励まされ、支えられ、乗り切れたと思う。

ワイズの腸が動くようにと一緒に念じてくれた。
神社におまいりに行ってくれた人もいた。
ワイズの回復のため貴重は漢方などいただいたりした。
また、免疫力のあがるお水なども。
術後のためにお洋服をいただいたりもした。
落ち込んでいる私にも元気の素(おいしいケーキ)をいただいた。

また、このブログを書き始めてからも
お見舞いのメッセージをいただいて とてもうれしく
たくさんの方から心配していただいたワイズはとても幸せ者。

「ワイズは強運の持ち主だから大丈夫」

何人ものかたが同じことを口にした。

本当にそうだと思う。


ワイズは今、おそるべきスピードで回復している。
若い子みたい。

写真
お見舞いにきてくれたそらのパパ(従弟)と。

20110923.jpg


ブログには書かないでおこうかとも思ったが
普段 いたずらもしない。
異物を食べたりもしない。
犬であることを忘れそうな優等生(きーちゃんに比べ)の
ワイズがこんなことになった。

「お腹が膨れるという 腸閉塞の一般的な症状はでなかったが
こんなにも壊死がすすんでいた」

このことを
このブログを見に来てくれる方にお伝えしたかった。



近いうち また 「美しき老犬」 の立ち姿を 披露したい。

心配&応援 いただき 本当にありがとうございました。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。