FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CHクラスがはじまった・・・ 
もう 私のショーは終わっていた。満足しきって。
ワイズも笑っていた。あとでビデオを見たら私も笑ってた。

2周走らされた。さらに2周の指示が。
最初から、何周走ったんだろう。相変わらず、ワイズはご機嫌だった。
でも、無理に立たせようとすると嫌がった。どうでもよかった。

「ワイズの立ちたいように立っていればいいよ。もうちょっとだけ、つきあってね」

ってワイズに話した。

チャンピオンクラスの犬がどうとか、ジャッジがこっちを向いているとか なにも私には関係がなかった。
ワイズとこの瞬間を楽しく過ごした。

ジャッジが振り向いた。
私の前にロゼッタが差し出された。

「は?」 

私は目を見開いた。 口も開けていたと思う。
状況がよく飲み込めなかった。

後ろで「母様」の「キャー」と言う歓声が聞こえた。
衝撃的な 連敗ストップであった。

CACIBというカードの控え?もいただいた。本物はベルギーから送られてくるらしい。

リングを後にして 美容室の母&娘さんと一緒に車に戻った。
そうだ。この結果を伝えないと。。。
いつも励ましてくれた関東の「おねえさん」に電話をして、BOBになったと報告した。
とても喜んでくださった。

「I先生は何と?」

といわれ、まだ 誰にも告げてないというと

「一番に報告しなきゃ。早く」

とせかされ、電話を切った。
ちょっと、深呼吸して ハンドリング教室の先生に電話をした。

「いま、岡山インターに来てるんですが、うそみたいなんですが、ワイズ、BOB いただいちゃったんです」

「そうか、おめでとう。 ワイズが今日、とったことをイロイロ言う人もでてくるかもしれん。けど、その審査員はワーキングが専門の審査員やから、その審査員にもらったんなら、堂々と胸をはっていたらいい」

と言ってもらい、午後からのグループ選のアドバイスをいただいた。

駐車場ではいままでの会場で顔見知りになったオーナーハンドラーの人たちがすでにワイズがBOBとったと知っていた。

「ワイズ、おめでと~~~。オーバースペシャルやって!」

と祝福してくれたが、

「オーバースペシャルってなに?」

と私は寝ぼけたことを聞いた。

「冠のない犬がチャンピオンクラスの犬を押さえてBOBとるのをオーバースペシャルっていうの」

と教えてもらった。

先生の言う「イロイロ」はその日のうちに耳に入ってきた。
何かの間違い。
あの犬が・・。
耳にはいるくらいだから、陰ではもっと言われていたに違いない。

私も何かの間違いって思ったくらいだ。まあ、仕方ない。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

追伸メッセージ
tokoさん さやかさん ありがとうございます。更新がんばります
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。