FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の犬連れ旅行

目的 その1 

キートスの同胎に会う

その2 

ドーベルマンがいっぱいの展覧会にでること

その3

ホテル お泊り体験


1日目、神奈川県で開催されたドーベルマンの展覧会に行った。
どうせ 行くなら 出てみよう。
警察犬協会の展覧会はヨーロピアンが主流。
アメリカンが混ざると、別の犬種みたいに見えることもある。
きーちゃんは さかのぼれば ほんの少し(母方の曾じいちゃんがオランダ産まれの日本ch)
 ヨーロピアンの血が入っているが、約9割アメリカン。

まあ、結果ではない。
お祭りだってことで。

申込のときから 勝手もわからず、開催委員長?さまあて電話をしてみた。
電話をしたら、「どこの誰?」「警察犬協会はいってるの?」
得たいのしれない不審な申込だと思ったか?
きーちゃんが 誰の血統か、たくさん質問をされた。
きーちゃんのパパの名前をいっても 「ん????????」
パパは純粋なアメリカンだもの(笑)
とても話好きな 親切なおじさん。
たくさん質問されるうちに、どこの誰だかわかったみたいで、納得されて、
前夜祭もあるよとご案内くださった。

そんなこんなで。
当日 参加ということで。

あいにくの雨。

会場まで、きーちゃんの同胎が会いに来てくれた。
会いに来てくれただけでなく、ほとんど手ぶら状態でやってきた私たちを心からもてなしてくださり、しびれるような寒さの中、とっても嬉しくて、心まで暖めてくれた。

きーちゃん 約9ヶ月ぶりに再開する パパさんママさん。同胎のジュビたん、フェイス。
ジュピたんに会うなり

「やっほっ♪」(むかって左がきーちゃん 右 ジュピたん)

03 2010 058s

覚えてた!

「ひっさしぶり~~~~」

03 2010 059s

ばっほ~~~~んと体当たり。

雨じゃなかったら、もっといっぱい遊べたのにね。

フェイスくんは 赤ちゃんのころ、きーちゃんとジュピちゃんに 組んでいじめられていたらしい。
それを思い出してか
ちょっと・・・きーちゃん 見た瞬間 「うそっ まずい」って顔をしたように見えた。(笑)

03 2010 065s

雨のせいか?カメラマンのせいか・・ ぴんぼけばかり。

パパさん ママさん のことも しっかり覚えていて きーちゃん 大喜びだった。

(つづく)






スポンサーサイト
冷たい雨の降りしきる中で、審査は行われた。

駐車場から審査場所まで少し離れていて、赤ちゃんクラスの審査がはじまったときに審査会場のほうへ移動した。
思いのほか、審査は時間をかけて行われ(JKCの何倍もかけられていた)、雨の中、居場所のない私たちは 初対面の「くまさん」のテントに入れてもらって、出番をまった。くまさん お世話になりました。

テントのなかで、きーちゃんは 比較的おとなしかったが、ふと気を抜いた瞬間、テーブルに体をあて、コーヒーをこぼしてしまった。
くまさんをはじめ、くまさんのテントにいらした 皆様 申し訳ありません。
出番前で、緊張していて、ちゃんとお詫びもできず、本当に申し訳ありません。

くまさんのテントには、このブログでコメントをくださった「ミカさん」(違ってたらごめんなさい)もいらしたり、帰ってから ほかにも もしかしてあの人は・・・と ちゃんとお話しておきたかったと悔いが残るかたが何人かいらっしゃった。

審査は・・・。

JKCと違い、雨ならカッパ+長靴OK 雨の中でスーツを着る必要はない。
ただ、なんとなく着たカッパ・・・
あとから、写真を見ると 私はポスト〒 みたいだった。はずかしっ。


年齢別のクラスに 誕生日のはやいもんから並んだ。(JKCと逆)

きーちゃん 一番前。
前のひとのとおりにしようというもくろみは外れた。

審査員はオーストリア人。大柄の男性だった。
通訳に おなじくゲルマン民族と思われる 日本語の堪能な おっきな男性がついていた。

一頭ずつ、口の中をみせ、
その後、全員で、ゆっくりゆっくり 歩かせるよう指示があった。
そして、速足。

きーちゃんは人生最高に ひっぱらず 脚側についてちゃんと歩いた。
こんなこと 初めてである。

03 2010 041s

服従訓練大会なら、いい点がもらえただろうと思う。
審査では 引張り気味に やる気をもって歩いた方がいいらしい。

その後、また、1頭ずつ 審査員がみて、

03 2010 050s


講評。
エレガントな牝犬 と いってもらった。

「エレガント?きーちゃんが???」

目がいい。歯がいい。後肢の角度が正しい。ほか、たくさん 審査員にほめてもらった。
欠点として タンが明るいとの指摘。

きーちゃんは アメリカンとしては タンが濃い。
しかし、ヨーロピアンの中に混じると そう見えるんだろうな。

1席ではなかったが、Rってので、表彰状みたいなのをもらった。

アメリカンのスタンダードの体高のきーちゃん。
よく がんばったよ。

審査が終わって、リング外できーちゃんと遊ぼうとしていたら、通訳の男性がやってきて、きーちゃんの写真をとらせてくれといい、プレゼンテーション を要求された。
もしかしたら、通訳のひとはきーちゃんが好みだったのかな。

でも きーちゃん うまく立たなかった(/_;)
きっとへなちょこ きーちゃんが 写ってる。

JKCとPD 両方 でる ドーベルは まず、いない。
昔は両方で活躍した犬がいたらしい。

きーちゃん、両方 参加賞。いいんだ。オーナーハンドラー 参加することに意義がある。


毎日、ワイズはお留守番。
夏 冬 春・・・ ワイズの慰安旅行を行ってきた。
きーちゃんは週に5回(月~金)学校に通っているのでワイズだけがお留守番。
お疲れさん旅行である。

今年は暑さが落ち着いてからと9月の下旬に夏休みを設定。

今年80歳になった父。
自分の足で歩けるうちに 今年は父が大好きな富士山を見に連れて行こうということになった。

一昨年も富士山と浅間山を見に連れて行ったが、ずっと雨や曇りで富士山も浅間山も見えなかった。
父は何度も美しい富士山を見ているが、遠距離のドライブは年齢的にもこれからは簡単にはいかなくなるだろう。

しっかりしているうちに再チャレンジ。

1日目
雨。
やっぱり 雨。
早朝、自宅を出発。実家により じじばばを乗せて、ドライブ開始。

ワイズは前夜から、「おいてきぼり」を心配して、私を見張りほとんど寝ていない。
朝、車に乗せたら、安心してすぐに眠りについた。
きーちゃんは よくわからないなりにウキウキモード。

富士山に向かうまえに、父の好きなSLに乗ろうということになり、大井川鉄道へ。
この日、私たちを乗せてくれたのは コレ↓


SL1.jpg

SLが発車するころシトシトしっかり降っていた雨もだんだん小雨に。
発車30分後には ほとんど やんだ。


s SL2s


じじ ばばと私がSLに乗り、夫とワイズときーちゃんは車で先回り。
途中、河川敷に車を止めて、夫とワイズときーちゃんは私たちを待ち構えていた。

s SL3

小さくてわかりにくいが、
夫が左手でリードをもっている方が ワイズ。
右手がきーちゃん

「わいず~~~~っ、き~~~ちゃ~~~ん」
窓をあけて叫び 手を振った。
聞こえたかな?
わかったかな?

そういえば、夫の名前を叫ぶのを忘れた。


SLは昔の煙の10分の1程度の煙らしい。
昔はトンネルのたびに皆 窓を閉めたが、子供づれの今の人らは閉めない。
10分の1になったとはいえ、客車が煙たい。

昔話をするうちに 機関車は千頭に到着。

すでにワイズたちは千頭の駐車場で私たちを出迎えてくれた。

さあ、ここから富士山のふもとへまたドライブ。

(つづく)




初日の宿泊は静岡県の朝霧高原。

宿泊のコテージは かなりのお値打ち料金だったので、期待はしていなかった。
到着して、外観をみて、ちょっぴり屋根の色がはげていて、
まあね。あの値段だもん
と思い、中に入ると・・・。

きれい!
広い!
室内から富士山が正面にみえる。
雨上がりで曇っているが、墨絵のような富士山が見えた。

2棟予約していたが、1棟のなかにリビングとツインのベッドルームが2部屋あり、
1棟でよかったかもとちょっとセコいことを考えていた。
素泊まりなので、
夕食に富士宮やきそばを食べに行き、帰りに温泉へ。

翌日は朝からいいお天気。
少し雲があるが、富士山がなんとなく見える。

広い草原を走り回り、きーちゃんは初めてみる牛に大興奮。

おまけに 夫のミスできーちゃんのリードがはずれ、大爆走。
朝5時。
だれもいない広っぱをきーちゃん ご機嫌で走り回った。

「呼び戻し100%」
と訓練士さんに言われていたが、
きーちゃんを呼べども呼べども ぐるんぐるん 走り回り止らない。
ひととおり走ったら、夫のもとに走ってきた。
呼び戻し10%。
今後の課題。


朝食を終え、各部屋についているテラスでのんびりと。
じじときーちゃん。
きーちゃんは富士山に興味ない。

s asagiri with jiji

ゆっくり時間がすぎ、
開放感あふれる景色に日ごろイライラするようなものは吹っ飛んでいった。

朝、たくさんあった雲もどんどん少なくなった。
ワイズときーちゃん 記念撮影。

s asagiri w kjpg

(つづく)


早めに次の宿にチェックインし、じじとばばは宿で休憩。

きよごんたちはワイズときーちゃんをつれ、ブログで知り合った
「菜々ちゃん」菜々ちゃんと「アポロくん」アポロくんに会いにでかけた。

菜々ちゃんはきーちゃんより少しおねえちゃん。
アポロくんは菜々ちゃんより少しおにいちゃん。

きーちゃんが どんな反応をするか 楽しみでもあり、ちょっと不安でもあり。

きーちゃんはそんな不安をよそに
菜々ちゃんのお庭で、やさしい菜々ねえちゃんとこんにちは。

軽くごあいさつをして、いきなり鬼ごっこがはじまった。

「菜々ねえちゃん 鬼 ね」
ときーちゃんが逃げる。

菜々ねえちゃん 鬼ね

「きーちゃん 捕まえた きゃははははっ」

Sep 2010  突撃3


「一緒に遊びませんか?」
と菜々ちゃんは何度かワイズを誘いにいってくれた。

一緒に あそびませんか?2

が、
ワイズは
「こういう静かないいところでは、しずかに気持ちよく過ごしたいんです」
って お遊びを辞退。


「きゃ~~~~っ」
「菜々おねえちゃんにも ど~~~ん」

どーーん2

「やっぱり ボクはついていけない」by ワイズ。

アポロくんは大人の牡になってきて、万が一ワイズと・・と心配されたアポロくんのママさん。
なので、しばらく、待機してくれていたが、
シニアのワイズと交代。

アポロくんもとっても楽しいコ
キートスにこんにちは 遊ぼうとごあいさつ。
こんにちは あそぼ apollo

「ぼくを追いかけて♪」
ときーちゃんを誘う。

追いかけて♪

「きゃははははっ」

キートスは妙な笑い声をときどきあげながら走り回った。

「あぽろにいちゃん 捕まえた(^・^)」

捕ま-え-た

ワイズは激しく遊ぶことをしない。若い頃からいドッグランにいっても、いつも端っこで草を食べてマイワールドだった。いまでも・・・
きーちゃん こんなに遊んでもらったのはじめて。
1年半の犬生で、きっと最高にたのしい時間だったろう。

マイワールドのワイズだが、実はおともだちが近くにいてわいわいやってるのを端っこで「感じる」だけで楽しいと思っている。

ワイズにもキートスにも本当に楽しい思い出となった。

菜々ちゃん、アポロくん ありがとう。

ななちゃんのママさん アポロくんのママさん ありがとうございます。

(つづく)

 追伸 菜々ちゃんのブログ(どーべるまん菜々)、アポロくんのブログ(ドーベルマンapollo)にこの様子が楽しく綴られています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。